弁護士費用について

相談料
法的問題について,弁護士からアドバイスを受ける費用です。
ご相談の段階では,事件をお受けしておりません。

30分 5400円

但し,初回30分は無料です。相談時間が30分を超える場合には,相談料をお支払いいただきます。

着手金
ご依頼を受けて事件を処理するにあたり,お支払いいただく費用です。
着手金は,事件の勝敗にかかわらず必要になります。
金額は,事件の種類や事案の内容によって異なります。

※資力のない方については,法テラスをご利用いただくことができますので,ご相談ください。
法テラスのご利用にあたっては,所定の審査があります。

主な事件の着手金の目安
多くの事件の着手金は,“裁判等により請求したい金額”の8%(税別)となっております。
但し,事件種別ごとに以下の最低着手金を設定しております。
一般民事・労働事件
交通事故等
交渉 15万円~
調停 20万円~
訴訟 30万円~
証拠保全 20万円~
債務整理 自己破産申立 33万円~
個人再生申立 35万円~
任意整理 1社あたり3万円
家事事件(離婚・遺産分割・面会交流・
子の引き渡し・監護者指定等)
調停 20万円~
訴訟 30万円~
審判(調停からの移行を除く) 30万円~
刑事事件(私選) 刑事弁護 50万円~
被害者支援 20万円~
成功報酬
事件終結時に,事件処理の成果に応じて必要となる費用です。
原則として,「事件処理により依頼者が受けた経済的利益」のうち,以下の割合による成功報酬をお支払いいただきます。
(全て税別)

300万円以下の部分 16%
300万円を超えて3000万円以下の部分 10%
3000万円を超える部分 5%

(例)①100万円の慰謝料を獲得した場合
    100万円×16%×1.08(税)=17万2800円

   ②500万円の慰謝料を獲得した場合
    300万円×16%×1.08(税)=51万8400円
    200万円×10%×1.08(税)=21万6000円
                     計73万4400円

 また,慰謝料や養育費等を伴わない離婚成立の場合や,刑事事件で不起訴になった場合など,金銭的に評価できないメリットが生じた場合も,成功報酬が発生する場合があります。詳しくは,ご相談時やご依頼時にお尋ねください。

実費
 交渉や裁判を進めるにあたって,例えば相手方に内容証明を送付する費用や,裁判所に納める印紙代・切手代,弁護士が裁判所へ行くための交通費のほか,コビー代,通信料など,さまざまな費用がかかります。これらの費用を「実費」と言い,事件受任時に,事件の内容に応じて,必要な実費をお預かりします。

PAGE TOP